CADの導入を検討している方は必見!CADの基礎知識やメリットなどを紹介

正確かつスピーディな製図が作成できるCAD

CADとは基本的に、コンピュータの力を借りて商品や製品などの設計を行う事を指します。CADが開発されるまでは手書きで製図を作成していましたが、コンピュータを利用して作成できるCADが登場すると正確でスピーディな設計が可能となりました。そのため、現在では建築や製造といった業界を中心に幅広い分野でCADが導入されている他、設計者やデザイナーが一つのツールとして使用しているケースが多くなっています。CADは当初、線や円弧を使って平面図や立体図を制作する2次元CADが主流となっていましたが、近年は球や直方体を用いて作成する3次元CADを導入する企業が増えている傾向にあります。

CADを導入するメリットとは

CADの導入によって得られるメリットの一つが、作業の効率向上が期待できるという点です。手作業による製図とは異なり、誤って記入した線分は削除可能なため、修正を加えながら作業ができます。また寸法や整合性のとれた完成度の高い製図の作成が容易にできる事もCADの特徴と言えます。さらに技術の習得に要する時間に関しては、ある程度の鍛錬が必要な手作業による製図と比較するとCADはそれほど時間はかかりません。個人のスキルによって図面の見やすさが変わるといった事がない点もCADならではの特徴でもあります。

一方、図面の管理や共有がしやすい点もCAD導入のメリットです。図面は紙媒体ではなくデータとして管理されるので、保存や閲覧が容易にできます。CADを用いて図面を作成すれば、タブレット端末で図面データを見ながら作業を行うという事も可能となります。

電気CADは各種CADソフトの中でも、電気配線の図面設計を目的としたものです。電気回路図の設計業務を効率化してくれます。