人気のリン酸処理って何?また消泡剤は必要?

リン酸処理とはどんなもの?

リン酸処理とは、リン酸亜鉛などを使用して金属の表面に薄い皮膜を作る処理方法で、これまでは主に金属が錆びるのを防ぐ目的で施されてきました。とくに金属のなかでも鉄は安価で使いやすい素材ですが、放っておくとすぐに錆びてしまい、腐食してしまうというデメリットがあります。通常はこれを塗装するという方法でサビを防ぎ、耐用性を高めるのですが、その塗装する前に施される処理として一般的なのが、このリン酸処理と言われています。塗料を塗る前にリン酸処理を施すと、塗料が付着しやすくなる特徴があるので、錆びたり剥離してしまうことなく、長期間にわたってメンテナンスが不要になるというわけです。

けれども近年では、リン酸処理の際にできる結晶のパターンが、独特の迷彩模様に見えることから、塗料とはまた違った重厚感や高級感を醸し出していることで注目されています。その模様は、時間の経過と共にさらに味わいが出るのが特徴で、外壁パネルなど屋外でも使用されることが多くなってきました。その人気は、実際にリン酸処理を施していない「リン酸処理風」の塗装というものが登場するほどにもなっています。

リン酸処理で使用する消泡剤とは?

リン酸処理の工程では必ず必要になってくるのが、消泡剤の使用です。消泡剤とは、気泡ができてしまった時にその気泡を消したり、発生そのものを抑える役割をします。そもそも金属とリン酸が化学反応を起こすと気泡が発生しやすくなる為、そのままにしておくと、気泡で金属の表面に凹凸ができてしまうので、そこで消泡剤を使用することによって表面を滑らかにすることができるのです。リン酸処理を美しく施す為には、消泡剤の使用を欠くことができないと言えるでしょう。

リン酸処理は金属を保護したり塗料の定着を良くする以外にも、金属の見た目を渋く変化させるという特徴があります。