製図作業がスムーズになる!CADの基礎知識と導入する上でのメリット

CADとは一体どんなもの?

CADとは、コンピュータを用いて設計を行うシステムのことです。日本国内ではキャドと発音され、コンピュータ支援設計という意味を持つ単語群である「Computer Aided Design」の頭文字を取って名付けられました。1960年代に雛形となるシステムが開発され、現在では主に工業製品・部品や建築物を設計する際に用いられています。生産技術の向上や消費者の需要の多様化に伴い、CADも多彩なニーズに対応するべくさまざまな種類のシステムが誕生することとなります。

数あるCADの種類の中で広く知られており、導入しやすいのが2次元CADです。線分や円弧を使用しながら、設計したい構造物の平面図および立面図を作成できます。入力が容易である上に、無料ソフトも提供されているため有料版の導入前に一度試してみると良いでしょう。直方体や球を使用して立体をソフト内に描画できるのが、3次元CADもしくは3DCADです。生産物に近い形で設計できるため、製品の仕上がりをイメージしやすい点が魅力です。色んな分野の製造物に対応した汎用ソフトから、土木や配管工事など特定の業務に特化したシステムまで幅広く存在しています。

CADを導入することで得られるメリット

CADを導入して得られる大きなメリットとして、作業の効率化が挙げられます。計算や単位の間違いや図形の歪みなど、手作業で発生しがちなミスを極力減らすことが可能です。手作業で図面を引いたり、数値の計算や面積の整合性に関して悩む時間を大幅に減らせます。また手作業で優れた図面を作るには職人的な技術が要求されますが、CADを用いれば共通のプラットフォームによって見やすい設計図を容易に作ることができます。加えてデジタルデータとして管理できるため、図面の保管や社内での共有も容易です。

水道CADとは、水道工事事業者のために開発された、水道などの図面作成ソフトを言います。図面を元に使用水量などの水理計算書の作成も可能です。