メリット多数!LED電球を使うべき3つの理由


値段以上の価値を持つLED電球

蛍光灯や白熱電球とともに、電気店で見かけるLED電球。値段だけをみると3つの中で最も高価であることも多いため、ついつい敬遠しがちですが、実は値段をカバーしても余りあるメリットを備えた素晴らしいアイテムなんです。

電気代がぐっと安くなる

まず注目したいのが電気代の安さ。ネットを検索してみると、白熱電球の年間の電気代が4千円~5千円なのに対して、LED電球の年間の電気代は千円以下と記載されていることが多いです。単純計算で5分の1にまでコストを減らすことができるわけです。

寿命が長いので交換頻度が少ない

白熱電球の寿命が数千時間、蛍光灯の寿命が1万時間なのに対して、LED電球の寿命はなんと4万時間と言われています。そうそう何度も電球を交換する機会を迎えることはないとわかります。このメリットは、特に天井などの交換しにくい場所に設置された照明に関して効果を発揮します。脚立にのぼって作業するのは面倒ですし危険もあります。そもそも交換頻度を減らせるなら非常にありがたいですよね。

置き場所の選択肢が多い

白熱電球は高熱になりやすいので燃えやすいものの近くには置けません。蛍光灯は長さがあるので狭い場所には置きにくいです。しかし、LED電球は通常の電球と同じくコンパクトなサイズである上に、白熱電球に比べると温度も低いため、これまでは照明の設置が無理だと思われていた場所に利用できる可能性が出てきます。さらに、LED電球が出す紫外線は少量であることから、光に虫が寄ってきにくいという特徴もあるんです。つまり、玄関先や庭などの照明にも最適というわけです。

LEDライトパネルは、LEDの光を導光板を用いてパネル表面に均一に発光させる電光サインボードです。省エネルギーで美しい画面が造れるので、店舗や展示会の看板として、またインテリアとしても人気です。